スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン融資の審査について

年金住宅融資は、固定金利の公的融資です。年金融資融資限度額は加入している年金の種類や通算加入期間によって決まっていますが、あくまで他の公的融資と合計し、購入物件価格の80%が限度となっています。○申込日現在で厚生年金加入者で加入期間が3年以上(バリアフリー住宅の場合は5年以上)、さらに現在の勤務先に3年以上、且つ勤務先が設立後5年以上経過していなければいけません。公庫併せ貸し融資は、手数料が不要であったり、保証料の面でも公庫住宅保証協会が利用できますから、協会転貸融資よりも有利なものになっています。



○住宅ローン保証保険に加入でき団信(団体信用生命保険)に加入できる者となっています。なお、年金融資は申し込み先によって勤務先や各地の年金住宅協会などを窓口とする転貸融資と、公庫に申し込む公庫併せ貸しの2つのタイプがあります。一般的に団信(団体信用生命保険)に加入できることを条件にしています。協会転貸融資は、各都道府県の年金住宅協会などが年金資金運用基金から資金を借入れ、事業主転貸融資制度のない企業の従業員に貸付ける制度です。



最近は、スパム (メール)やパズル誌、パチンコ誌など一部雑誌の広告で勧誘する場合もあります。日本では、家具・家電製品やブランド品等の高額な物品の購入は、直接現金を融資せずに信販会社やクレジットカード会社が立て替えるショッピングクレジット(個品斡旋)またはクレジットカード(総合斡旋)での分割払いが一般的です。個人:住宅、自動車、子息の進学など数百万円以上の高額商品の購入(住宅ローン、カーローン、進学ローンなど)。そして、これらで事業用の融資を受けようと思えば最低3つの条件が必要になってきます。



中小企業者が銀行などの金融機関から融資を受ける際に、その債務の連帯保証人となってくれます。万が一、債務者が支払いをしなかった場合は、信用保証協会が金融機関へ代位弁済をします。中小企業者などが商工会議所(商工会を含む)経由で、あるいは直接取扱金融機関の窓口で申込をします。その後は、債務者は信用保証協会に返済することになります。

スポンサーサイト

theme : 融資、カードローン、クレジットカードのことならお任せを!!
genre : 株式・投資・マネー

融資事業について

しかし、時代環境の変化に即した見直しが行なわれてきませんでした。しかし、現実は特殊法人と呼ばれる一部のずさんな団体によって100兆円以上とも言われる公的資金が不良債権となっています。郵便貯金や厚生年金・国民年金は,財政投融資を行ったり、資金運用をすることで利子や年金給付金にあてる資金を作り出しています。しかし、そもそも財投事業は、民間では採算が取れない事業を政策的必要性から行っているものであって、受益者負担を採算の取れる水準より軽減しても事業が運営できるように補助金等が投入されているのです。



金利も下限金利が6.9%と最低水準ですし、審査可決は即日回答というケースもあります。また、200万円以上の大口融資の対象は年収が400万円以上の方に限定です。数社からのキャッシングなどを利用していますと、気が付けば、借り入れ先のローン会社が、複数にわたってしまったということがしばしばあります。大口融資による返済は是非、検討する価値はあると思います。500万円という極度額だけに惹かれても、多くの人は実際に大口融資を受けるのが難しいのが現実のようです。



また、金利が現在のローンよりも低くなれば、総返済額も少なくて済みます。財形住宅融資融資実行は、住宅の引渡しを受けて所有権の保存・移転登記、抵当権の設定登記が完了した後になりますから、利用者の口座に融資金が振り込まれるのは住宅の引渡しを受けた約2ヶ月後になります。そんなニーズに応えるのが、大口融資です。従って住宅の引渡時には融資金が実行されませんので、つなぎ融資等を利用することが必要となります。ただし、ここでも、大口融資であるがために審査は厳しくなっています。



中小企業者が銀行などの金融機関から融資を受ける際に、その債務の連帯保証人となってくれます。万が一、債務者が支払いをしなかった場合は、信用保証協会が金融機関へ代位弁済をします。中小企業者などが商工会議所(商工会を含む)経由で、あるいは直接取扱金融機関の窓口で申込をします。その後は、債務者は信用保証協会に返済することになります。


theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

フリーローンについて

しかしながら、借金奨励とも取れるこのような風潮のもとであっても、金融機関は各個人の債務返済能力に応じて金を貸す必要があります。事業資金を銀行から借り入れようとした場合、事業計画などハードルが高い上に審査に時間がかかってしまいまいます。 比較的多額なフリーローンということになりますと、実は銀行で扱っているところはあまりありません。そのため、各金融機関は各個人に融資を行う際に、その債務返済能力(信用)を審査し、それに応じて融資金額を決定することになります。



信用という面では、いくら親権者の後ろ盾があったとしても、だめだということなんですね。年金を受けている方が、生活その他のため資金を必要とする場合、自分の年金受給権を担保にして融資を受けることができます。 しかし、資格を持たずに年金立替、中高年融資といった言葉で違法に融資を行う民間業者が横行しているのも事実です。高利率で、年金証書や年金が振り込まれる通帳および銀行届出印、キャッシュカードを取り上げると言う悪質な手口を使いますので注意が必要です。



そこで、金融機関から融資を受けるために大切なことですが、金融機関も商売で融資をしていますから、貸し付ける金融機関もどこに貸し付けるのかを選定しています。さらに、将来性も判断基準になりますので、経営に対する姿勢もしっかりと持っている必要があります。融資を受けるには、返せる見込みのある方で、ある程度担保力が必要です。また、一般融資(金利が低い)と特別融資(金利がやや高い)があり、それぞれ住宅の床面積に応じて金利が決定します。



審査が早く、短期間で融資が実行される点も、このローンのメリットの一つになっています。不動産担保融資のメリットは、比較的低い金利でまとまった金額の融資を受けることができることです。返済できなければ大切な土地や家を失ってしまう、といったような大きなリスクだと考える方もおられるかもしれませんが、返済できなかった場合に一定のペナルティを受けるのは、担保があってもなくても同じことです。

theme : 融資、カードローン、クレジットカードのことならお任せを!!
genre : 株式・投資・マネー

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。