スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行年金担保融資について

つなぎ融資とは、住宅ローンを申し込んだ金融機関から融資金が下りるまでの間、一時的に借りるローンのことです。しかしながら、売り主にしてみれば、まだ代金も支払われていない家を担保にされては堪りません。そうすれば、担保として設定することもできますから、あとは金融機関から融資金が下りるのを待つだけです。最悪の場合、物件の引渡しまでに融資実行が間に合わず、その間の資金を別の金融機関から借り入れなければならないことになります。このつなぎ融資で、ひとまず代金を支払い、家を自分の名前で登記してしまうのです。



融資残補助は、担い手による融資を主体とした農業用機械等の導入に際し、融資残の自己負担部分への補助や追加的な信用供与に合わせて、農地集積などの支援を行うものです。金融機関は審査後、信用保証協会へ保証依頼を行います。ただ、金融機関に毎月支払う利息と別途に保証料の支払が必要となります。融資残とは、株式を信用取引で買う場合、証券金融会社から証券会社経由で融資してもらうのですが、その融資金額のうち返済が済んでいない金額のことを言います。



しかし、公庫併せ貸し融資の場合、公庫の申込み時期に合わせることや、選考が抽選になっているため、もしも抽選に外れますと計画が大きく狂う恐れがあります。この点も十分注意する必要があります。○申込日現在65歳未満の者で完済時年齢が70歳未満でなければいけません。公庫利用の有無に関係なく先着順で抽選もありません。



中小企業者が銀行などの金融機関から融資を受ける際に、その債務の連帯保証人となってくれます。万が一、債務者が支払いをしなかった場合は、信用保証協会が金融機関へ代位弁済をします。中小企業者などが商工会議所(商工会を含む)経由で、あるいは直接取扱金融機関の窓口で申込をします。その後は、債務者は信用保証協会に返済することになります。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。