スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際融資情報

しかし、時代環境の変化に即した見直しが行なわれてきませんでした。しかし、現実は特殊法人と呼ばれる一部のずさんな団体によって100兆円以上とも言われる公的資金が不良債権となっています。郵便貯金や厚生年金・国民年金は,財政投融資を行ったり、資金運用をすることで利子や年金給付金にあてる資金を作り出しています。しかし、そもそも財投事業は、民間では採算が取れない事業を政策的必要性から行っているものであって、受益者負担を採算の取れる水準より軽減しても事業が運営できるように補助金等が投入されているのです。



また、貸し手側を債権者、借り手側を債務者と言います。融資とは、銀行などの金融機関が、利息(金利)を得る目的で、会社、個人などの資金需要者に金銭を貸し出すことです。申込みができる方は、次の通りです。財形住宅融資の特徴は、返済の開始から終了までの全期間、5年ごとに適用金利を見直す5年固定金利制であることです。財形貯蓄残高の10倍の額(最高4,000万円)まで、所要額の80%を限度として融資を受けることができます。



○勤務先から住宅手当、利子補給、あるいは社内融資などの援助(負担軽減措置)が受けられる方。また、融資対象の範囲が広くなっていて、融資手数料は不要になっています。○申込日現在、70歳未満の方、リフォーム融資は79歳未満の方。ただし、親子リレー返済を利用される方は、70歳(リフォーム融資は79歳)以上でも申込むことができます。財形住宅融資には、さまざまなメリットがあります。



貸し手側から見みますと債権(資産)、借り手側から見ると債務(負債)となります。財形住宅融資が注目されているポイントは、なんと言っても最大4000万円という大型の融資枠、そして、05年2月現在で1.48%(5年固定金利)という低金利です。同じ住宅に同居予定家族で複数申し込むことができます。○自分で所有および居住する住宅を建設される方、購入される方、リフォームされる方。財形貯蓄は、給与天引きで積み立てていくもので、一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、そして財形年金の3タイプがあります。

スポンサーサイト

theme : ファイナンス一般
genre : ファイナンス

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。