スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーローンについて

しかしながら、借金奨励とも取れるこのような風潮のもとであっても、金融機関は各個人の債務返済能力に応じて金を貸す必要があります。事業資金を銀行から借り入れようとした場合、事業計画などハードルが高い上に審査に時間がかかってしまいまいます。 比較的多額なフリーローンということになりますと、実は銀行で扱っているところはあまりありません。そのため、各金融機関は各個人に融資を行う際に、その債務返済能力(信用)を審査し、それに応じて融資金額を決定することになります。



信用という面では、いくら親権者の後ろ盾があったとしても、だめだということなんですね。年金を受けている方が、生活その他のため資金を必要とする場合、自分の年金受給権を担保にして融資を受けることができます。 しかし、資格を持たずに年金立替、中高年融資といった言葉で違法に融資を行う民間業者が横行しているのも事実です。高利率で、年金証書や年金が振り込まれる通帳および銀行届出印、キャッシュカードを取り上げると言う悪質な手口を使いますので注意が必要です。



そこで、金融機関から融資を受けるために大切なことですが、金融機関も商売で融資をしていますから、貸し付ける金融機関もどこに貸し付けるのかを選定しています。さらに、将来性も判断基準になりますので、経営に対する姿勢もしっかりと持っている必要があります。融資を受けるには、返せる見込みのある方で、ある程度担保力が必要です。また、一般融資(金利が低い)と特別融資(金利がやや高い)があり、それぞれ住宅の床面積に応じて金利が決定します。



審査が早く、短期間で融資が実行される点も、このローンのメリットの一つになっています。不動産担保融資のメリットは、比較的低い金利でまとまった金額の融資を受けることができることです。返済できなければ大切な土地や家を失ってしまう、といったような大きなリスクだと考える方もおられるかもしれませんが、返済できなかった場合に一定のペナルティを受けるのは、担保があってもなくても同じことです。

スポンサーサイト

theme : 融資、カードローン、クレジットカードのことならお任せを!!
genre : 株式・投資・マネー

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。