スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常陽銀行の融資について

つなぎ融資とは、住宅ローンを申し込んだ金融機関から融資金が下りるまでの間、一時的に借りるローンのことです。しかしながら、売り主にしてみれば、まだ代金も支払われていない家を担保にされては堪りません。そうすれば、担保として設定することもできますから、あとは金融機関から融資金が下りるのを待つだけです。最悪の場合、物件の引渡しまでに融資実行が間に合わず、その間の資金を別の金融機関から借り入れなければならないことになります。このつなぎ融資で、ひとまず代金を支払い、家を自分の名前で登記してしまうのです。



しかし、利率の面から見ますと当然こちらの方が高くなりますから、その辺のリスクをしっかりと計算した上でつなぎ融資を借り入れることが重要になってきます。その理由は、代金を払うためにはローンを借りなければならず、ローンを借りるには、その前提として購入する家を担保にする、いわゆる抵当権を設定する必要があるためです。かといって、公庫などの金融機関は担保なしでは多額の融資を行ないません。代金と引き替えに品物を渡してもらうのが普通の買い物です。



また、金利が現在のローンよりも低くなれば、総返済額も少なくて済みます。財形住宅融資融資実行は、住宅の引渡しを受けて所有権の保存・移転登記、抵当権の設定登記が完了した後になりますから、利用者の口座に融資金が振り込まれるのは住宅の引渡しを受けた約2ヶ月後になります。そんなニーズに応えるのが、大口融資です。従って住宅の引渡時には融資金が実行されませんので、つなぎ融資等を利用することが必要となります。ただし、ここでも、大口融資であるがために審査は厳しくなっています。



財形貯蓄は賃金等から天引きで行う制度になっているため、確実に資金を確保することができ、計画的な頭金づくりに役立ちます。非課税枠は、両者の元金を合わせて550万円までとなっています。財政投融資は第二の予算とも呼ばれ、2000年度以前の主な資金源は、厚生年金、国民年金、郵便貯金、簡易保険、そして公的年金積立金からの預託金でした。

スポンサーサイト

theme : ローンの情報
genre : 株式・投資・マネー

comment

管理者にだけメッセージを送る

これってヤバい!?

2ヶ月程前から、コレにハマっちゃってます(;><)
やめたいけど、やめられない(;^ω^)
http://sexdoll.lppulu.net/y6bwd/
最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。