スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つなぎ融資について

つなぎ融資とは、住宅ローンを申し込んだ金融機関から融資金が下りるまでの間、一時的に借りるローンのことです。しかしながら、売り主にしてみれば、まだ代金も支払われていない家を担保にされては堪りません。そうすれば、担保として設定することもできますから、あとは金融機関から融資金が下りるのを待つだけです。最悪の場合、物件の引渡しまでに融資実行が間に合わず、その間の資金を別の金融機関から借り入れなければならないことになります。このつなぎ融資で、ひとまず代金を支払い、家を自分の名前で登記してしまうのです。



普通は、通帳にある金額より多くお金引き出そうとしてもできませんが、当座貸越ではそれができるということです。一時期、中小企業向け融資が最大で100億円も減少したとも言われたこともありました。それから、関係省庁の許認可が必要な業種の場合は、許認可証のコピーが必要になる場合が多くなっています。当座貸越には、専門当座貸越と一般当座貸越の2種類があります。



そして、公的機関ですから、安心して借り入れすることができます。国民生活金融公庫は、中小企業や中小規模の会社を対象とした公的金融機関(政府系金融機関)です。融資借入の問題は、中小企業の経営者にとっては生命線とも言える重大なことだと思います。以上のような特徴がありますから、中小規模の会社にとっては、必要不可欠な金融機関であると言えるかと思います。



その結果、巨大な規模となって、国民の目の届かないところで数々の矛盾や歪みが生じ、蓄積してきました。財政投融資は、資源配分的機能という財政的な機能を持っていて、国民全体の利害に深く関係することになるため、一般会計予算などと同様に国会の議決を受けています。こう説明されますとなんとも聞こえが良いです。

スポンサーサイト

theme : 住宅ローン
genre : ファイナンス

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。