スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産融資について

これを活用しない手はありません。書くという作業は、事業を客観視するのにとても役立つものです。しかも、民間金融機関では借入れが難しい企業でも借入れができるというメリットがあります。 国民生活金融公庫、中小企業金融公庫、商工組合中央金庫、そして制度融資です。信用保証協会を利用するメリットは、担保不足、信用不足の中小企業者でも金融機関からの融資を受けやすくなったり、地方自治体の制度融資が受けられます。



普通は、通帳にある金額より多くお金引き出そうとしてもできませんが、当座貸越ではそれができるということです。一時期、中小企業向け融資が最大で100億円も減少したとも言われたこともありました。それから、関係省庁の許認可が必要な業種の場合は、許認可証のコピーが必要になる場合が多くなっています。当座貸越には、専門当座貸越と一般当座貸越の2種類があります。



しかし、マイホームの場合、そう簡単にはいきません。受け取れば、それでつなぎ融資の借り入れ金を返してしまえば良いわけです。ビジネスローンの多くは原則として、無担保、無保証人融資で借り入れることができますが、いざつなぎ融資を受けようとおもっても銀行系の機関で審査を受けるまでには数週間もかかる場合もあるようです。住宅ローンは、すぐに融資実行されることはありません。



そのため、銀行側としては過去の資金繰りを厳しくチェックして、会社が利益を得て、期間内に元本と利子を返済可能かどうかを検討します。これはプロパー融資、ビジネスローン、しん保などによって異なりますが、簡単に言いますと、先ず最低限次の3つを直ぐに揃えておいた方がいいでしょう。特許等を持っていれば担保として使うこともできますが、複数の保証人を要求されたり、融資可能額が少なくなるケースが多いようです。銀行側としては、企業に貸付を行い元本と利子を回収することで利益を上げます。

スポンサーサイト

theme : クレジット、キャッシング、ローン
genre : 株式・投資・マネー

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。