スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都の融資について

各地方自治体により制度や利率などが多少異なってきます。地方自治体による利息・保証料の補助などがある場合は、中小企業者などは地方自治体へ補助申請書などを提出する必要があります。金融機関が地方自治体の定めた条件(利率等)で融資を実行します。信用保証協会は審査後、保証書を発行し承諾を行います。



政府系金融機関ということもあって、長期固定しかも低金利で貸し出しを行っている分、中小企業の事業主にとってはとても有効に利用できる金融機関です。銀行からのプロパー融資でここまでの低金利は、なかなか望めないと言えるかと思います。しかも固定金利になっています。会社を設立する際に、資金調達を検討されるのであれば、まずは、民間の金融機関よりも先に国民生活金融公庫を検討されることをお勧めします。また、金利負担が低く、長期で受けられます。



例えば、トラクターやコンバインの取得に3,500万円を必要とし、2,300万円までしか融資を受けられない場合、自己負担部分の1,200万円について取得価格の3割(1,050万円)を上限に補助が受けられるというものです。制度融資とは、地方自治体(都道府県、区、市町村)と信用保証協会、銀行などの金融機関の三者が協力して公的資金を貸し出す制度です。信用保証協会とは、信用保証協会法の規定により認可を受けて設立された公的な法人です。詳細については、各都道府県、区、市町村の担当窓口、商工会議所(商工会を含む)、あるいは取扱金融機関の窓口にてご確認してみましょう。



基準利率は、おおよそ年1.6%?2.3%です。特に、創業(起業、開業)時においても、融資をしてもらえるというのは、とても有り難いことです。もちろん、開業後の運転資金や設備資金についても、要件・条件を満たせば、受けることができます。創業時や開業時などにおいても積極的に貸し出しをしてくれます。

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

融資 制度

個人事業者、経営者の「節税」と「将来のための備え」「メリットその3、について万が一、事業の資金繰りが悪くなってしまた場合など、それ...

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。