スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行融資枠について

つなぎ融資とは、住宅ローンを申し込んだ金融機関から融資金が下りるまでの間、一時的に借りるローンのことです。しかしながら、売り主にしてみれば、まだ代金も支払われていない家を担保にされては堪りません。そうすれば、担保として設定することもできますから、あとは金融機関から融資金が下りるのを待つだけです。最悪の場合、物件の引渡しまでに融資実行が間に合わず、その間の資金を別の金融機関から借り入れなければならないことになります。このつなぎ融資で、ひとまず代金を支払い、家を自分の名前で登記してしまうのです。



最近では作成を代行してくれる業者もいますが、事業計画が固まったらできる限り自分自身の手で書くことをお勧めします。モビットはおまとめローンにも定評があります。アルバイト、パート(主婦)、自営業の方も融資可能です。融資を受けたい時、事業内容を説明したり、理解と協力を求めるために論理的に説得する必要があります。ネットで24時間、土日を問わず受付中です。



メリットは、当座預金を限度額までマイナスにでき、さらにいつでも融資を受けたり返済したりできることです。融資を受ける時に必要となる書類は、会社の商業登記簿謄本、印鑑証明書、そして保証人の印鑑証明書くらいです。政府関連金融機関である中小企業金融公庫をはじめ、銀行融資の窓口は広まってきているとは言いましても、中小企業の資金調達・資金繰りは依然厳しいものがあります。商業登記簿は、最近は法務局もコンピュータ化が進んできて、履歴事項全部証明書、現在事項全部証明書という様式への切替えが多くなってきています。



審査の基準となるものは、何もその人の収入だけではありません。消費者金融で借入をする最大のメリットは、利息を日割り計算してくれるというところです。給料日が来れば、さっさとお金を返して、消費者金融とも円満解消するするのが、一番の理想です。利用限度額は申し込み時の審査によって、年収や他社への借入状況などから決定されますが、しっかり返済を行っていれば、いずれ限度額が増えていきます。

スポンサーサイト

theme : 住宅ローン
genre : ファイナンス

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。