スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融機関に住宅ローンを

銀行に融資申請をする際には、さまざまな資料を提出することになります。銀行の場合、多くが融資として借入申請をすることが必要となりますが、この際の事業計画書では財務計画が中心となっています。さらに、その会社によっては、たくさんの資料が必要になってきます。銀行融資、資金調達、資金繰りに関することが知りたければ、是非このサイトを一度覗いてみてください。



しかし、利率の面から見ますと当然こちらの方が高くなりますから、その辺のリスクをしっかりと計算した上でつなぎ融資を借り入れることが重要になってきます。その理由は、代金を払うためにはローンを借りなければならず、ローンを借りるには、その前提として購入する家を担保にする、いわゆる抵当権を設定する必要があるためです。かといって、公庫などの金融機関は担保なしでは多額の融資を行ないません。代金と引き替えに品物を渡してもらうのが普通の買い物です。



メリットは、当座預金を限度額までマイナスにでき、さらにいつでも融資を受けたり返済したりできることです。融資を受ける時に必要となる書類は、会社の商業登記簿謄本、印鑑証明書、そして保証人の印鑑証明書くらいです。政府関連金融機関である中小企業金融公庫をはじめ、銀行融資の窓口は広まってきているとは言いましても、中小企業の資金調達・資金繰りは依然厳しいものがあります。商業登記簿は、最近は法務局もコンピュータ化が進んできて、履歴事項全部証明書、現在事項全部証明書という様式への切替えが多くなってきています。



そこで登場するのが、つなぎ融資というわけです。金融機関に住宅ローンを申し込んでから融資が実行されるまでに数日?数十日は必要となります。その間の借入のことをつなぎ融資と言います。それに対してノンバンクのビジネスローンは、スピードが売りですから即日審査完了なんてことが当たり前になってきています。

スポンサーサイト

theme : 融資、カードローン、クレジットカードのことならお任せを!!
genre : 株式・投資・マネー

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。