スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近では高額融資も

高額融資の場合やはり、通常よりも審査が厳しく、ある程度勤務年数や年収などによって左右されます。これにより融資可能かどうか、あるいは限度額はいくらか、などが決定されます。最近では高額融資も各金融会社が積極的に行っていますが、無利息期間のある消費者金融もあります。つまり、借りたその日のうちに、お金を返せば発生する利息は、ゼロということになります。無利息融資は、多くの会社では数日から10日間程度が無利息期間と設定されていて、初回限定のサービスであることが多いようです。



しかし、利率の面から見ますと当然こちらの方が高くなりますから、その辺のリスクをしっかりと計算した上でつなぎ融資を借り入れることが重要になってきます。その理由は、代金を払うためにはローンを借りなければならず、ローンを借りるには、その前提として購入する家を担保にする、いわゆる抵当権を設定する必要があるためです。かといって、公庫などの金融機関は担保なしでは多額の融資を行ないません。代金と引き替えに品物を渡してもらうのが普通の買い物です。



メリットは、当座預金を限度額までマイナスにでき、さらにいつでも融資を受けたり返済したりできることです。融資を受ける時に必要となる書類は、会社の商業登記簿謄本、印鑑証明書、そして保証人の印鑑証明書くらいです。政府関連金融機関である中小企業金融公庫をはじめ、銀行融資の窓口は広まってきているとは言いましても、中小企業の資金調達・資金繰りは依然厳しいものがあります。商業登記簿は、最近は法務局もコンピュータ化が進んできて、履歴事項全部証明書、現在事項全部証明書という様式への切替えが多くなってきています。



審査が早く、短期間で融資が実行される点も、このローンのメリットの一つになっています。不動産担保融資のメリットは、比較的低い金利でまとまった金額の融資を受けることができることです。返済できなければ大切な土地や家を失ってしまう、といったような大きなリスクだと考える方もおられるかもしれませんが、返済できなかった場合に一定のペナルティを受けるのは、担保があってもなくても同じことです。


スポンサーサイト

theme : ファイナンス一般
genre : ファイナンス

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。