スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者金融では

財政投融資制度とは、大蔵省資金運用部(現・財務省)が郵便貯金や年金積立金などの資金を全額預かって、資金運用部から特殊法人(公庫や公団など)に融資する制度です。原則として資金の運用について国会の議決を必要としませんが、5年以上の長期運用分については国会の議決が必要となります。財形住宅融資を利用するためには、財形貯蓄を行うことが前提になります。ただし、財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は、使途や契約時の年齢制限がある代わりに、利子非課税の特典があります。



融資残補助は、担い手による融資を主体とした農業用機械等の導入に際し、融資残の自己負担部分への補助や追加的な信用供与に合わせて、農地集積などの支援を行うものです。金融機関は審査後、信用保証協会へ保証依頼を行います。ただ、金融機関に毎月支払う利息と別途に保証料の支払が必要となります。融資残とは、株式を信用取引で買う場合、証券金融会社から証券会社経由で融資してもらうのですが、その融資金額のうち返済が済んでいない金額のことを言います。



例えば、トラクターやコンバインの取得に3,500万円を必要とし、2,300万円までしか融資を受けられない場合、自己負担部分の1,200万円について取得価格の3割(1,050万円)を上限に補助が受けられるというものです。制度融資とは、地方自治体(都道府県、区、市町村)と信用保証協会、銀行などの金融機関の三者が協力して公的資金を貸し出す制度です。信用保証協会とは、信用保証協会法の規定により認可を受けて設立された公的な法人です。詳細については、各都道府県、区、市町村の担当窓口、商工会議所(商工会を含む)、あるいは取扱金融機関の窓口にてご確認してみましょう。



消費者金融では、融資を受けるにあたって銀行と比べても保証人や担保を求められることもないし、審査から融資までの時間が非常に短いことが、利用者が増加した要因だと思います。満18歳以上でも親権者の同意があれば申し込みはできるのですが、断られるケースが多くなっています。それは年齢制限なんです。ですから、例えば、当人が他で多く借り入れをしていないのであれば銀行で借り入れるのが一番いいと思います。


スポンサーサイト

theme : 消費者金融
genre : ファイナンス

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。