スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスローンの多くは

財政投融資制度とは、大蔵省資金運用部(現・財務省)が郵便貯金や年金積立金などの資金を全額預かって、資金運用部から特殊法人(公庫や公団など)に融資する制度です。原則として資金の運用について国会の議決を必要としませんが、5年以上の長期運用分については国会の議決が必要となります。財形住宅融資を利用するためには、財形貯蓄を行うことが前提になります。ただし、財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は、使途や契約時の年齢制限がある代わりに、利子非課税の特典があります。



政府系金融機関ということもあって、長期固定しかも低金利で貸し出しを行っている分、中小企業の事業主にとってはとても有効に利用できる金融機関です。銀行からのプロパー融資でここまでの低金利は、なかなか望めないと言えるかと思います。しかも固定金利になっています。会社を設立する際に、資金調達を検討されるのであれば、まずは、民間の金融機関よりも先に国民生活金融公庫を検討されることをお勧めします。また、金利負担が低く、長期で受けられます。



しかし、マイホームの場合、そう簡単にはいきません。受け取れば、それでつなぎ融資の借り入れ金を返してしまえば良いわけです。ビジネスローンの多くは原則として、無担保、無保証人融資で借り入れることができますが、いざつなぎ融資を受けようとおもっても銀行系の機関で審査を受けるまでには数週間もかかる場合もあるようです。住宅ローンは、すぐに融資実行されることはありません。



また、すぐお金になる財産をどれだけ所有しているかも判断基準となります。融資を受けるために用意するものは、事業計画、経営計画、資金計画書、そして財務諸表などで、いつでも揃えて提出できるようにしておく必要があります。公庫融資は一つの住宅で一人しか申し込めませんが、年金融資は夫婦それぞれが申し込むことが可能です。これらは銀行によって違いますので、一旦窓口にて相談することをお勧めします。

スポンサーサイト

theme : ビジネスローン、事業者ローン
genre : ファイナンス

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。