スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社内融資規定

ただし、1年分の費用が融資の対象になります。利用できる方は、融資の対象となる学校に入学、在学している子どもをお持ちの保護者の方で、現在、厚生年金保険または国民年金保険に10年以上保険料を納めている方となっています。融資限度額(学生・生徒一人に対して)は、厚生年金加入中の方が100万円以内、国民年金加入中の方で50万円以内となっています。極度額は500万円になっています。大口融資と言えばオリックスVIPローンカードと言われるほど、大口融資商品として浸透している商品です。



そして、事業融資だけに気になるのはそれぞれの利息ですが、これは当然銀行よりもノンバンクのほうが利息は高くなってきます。そして、さまざまな融資の条件をクリアして、融資に至るわけですが、どうしても審査の際に借入不可となるものがあります。一方、ノンバンクというのは、銀行のように預金によって得た資金で融資を行うのではなく、銀行からの借り入れによる資金をこれら事業のローン融資に活用しているもので俗に商工ローンと言われているものです。この商工ローンの利点は、スピード審査です。



改めて冷静に考えをまとめるうちに、見落としていた問題点などが見えたり、最も大事なモチベーションだとか自信が新たに沸いてくるものです。そうした時のために、是非とも作成しておきたいのが事業計画書というものです。その他、長期返済の資金が利用できたり、不動産担保の有効活用ができたり、あるいは利用実績により、反復利用ができるます。また、トータルの金利等(金利+保証料)が安くなり、条件によっては、無担保、無保証人でも融資が受けられます。しかし、いくら公的融資と言えども金融機関には変わりありません。



そこで登場するのが、つなぎ融資というわけです。金融機関に住宅ローンを申し込んでから融資が実行されるまでに数日?数十日は必要となります。その間の借入のことをつなぎ融資と言います。それに対してノンバンクのビジネスローンは、スピードが売りですから即日審査完了なんてことが当たり前になってきています。

スポンサーサイト

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。