スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金利が低いほど返済しやすい

年金融資には次のようなものがあります。例えば、取引期間、担保状況、保証人等の審査があります。年金融資の金利はずっと同じ金利が適用されるタイプと、公庫と同様に11年目からアップするタイプがあります。銀行で融資を受けるには、越えなければならないハードルが多いようです。



信用という面では、いくら親権者の後ろ盾があったとしても、だめだということなんですね。年金を受けている方が、生活その他のため資金を必要とする場合、自分の年金受給権を担保にして融資を受けることができます。 しかし、資格を持たずに年金立替、中高年融資といった言葉で違法に融資を行う民間業者が横行しているのも事実です。高利率で、年金証書や年金が振り込まれる通帳および銀行届出印、キャッシュカードを取り上げると言う悪質な手口を使いますので注意が必要です。



同じ金額を借り入れるなら、当然金利が低いほど返済しやすいという点に目を向けるべきかと思います。銀行およびその関連会社による個人向けローンや消費者金融、クレジットカードといった取引形態が登場して、多様化することにより、この風潮に拍車をかけています。そこで事業主が不動産担保融資を利用して自宅などを担保に当座の運転資金を借り入れたり、銀行から融資を受けるまでのつなぎ融資に利用したりといったケースもあるようです。



事業資金を借りたいが、担保も 保証人もないといった小規模事業者の方々の経営をバックアップするために無担保・無保証人で、商工会議所の推薦に基づいて融資される、 国(国民生活金融公庫)の融資制度です。マル経融資の特色は、1.商工会議所の経営指導を通じて融資の道が開けます。4.相談料、手数料など一切不要です。違法な年金担保融資として、 注意をしけなければならないことは、年金受給権を担保にして融資をすることができる業者を確認することです。

スポンサーサイト

theme : 低金利のローン
genre : ファイナンス

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。