スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン融資の審査について

年金住宅融資は、固定金利の公的融資です。年金融資融資限度額は加入している年金の種類や通算加入期間によって決まっていますが、あくまで他の公的融資と合計し、購入物件価格の80%が限度となっています。○申込日現在で厚生年金加入者で加入期間が3年以上(バリアフリー住宅の場合は5年以上)、さらに現在の勤務先に3年以上、且つ勤務先が設立後5年以上経過していなければいけません。公庫併せ貸し融資は、手数料が不要であったり、保証料の面でも公庫住宅保証協会が利用できますから、協会転貸融資よりも有利なものになっています。



○住宅ローン保証保険に加入でき団信(団体信用生命保険)に加入できる者となっています。なお、年金融資は申し込み先によって勤務先や各地の年金住宅協会などを窓口とする転貸融資と、公庫に申し込む公庫併せ貸しの2つのタイプがあります。一般的に団信(団体信用生命保険)に加入できることを条件にしています。協会転貸融資は、各都道府県の年金住宅協会などが年金資金運用基金から資金を借入れ、事業主転貸融資制度のない企業の従業員に貸付ける制度です。



最近は、スパム (メール)やパズル誌、パチンコ誌など一部雑誌の広告で勧誘する場合もあります。日本では、家具・家電製品やブランド品等の高額な物品の購入は、直接現金を融資せずに信販会社やクレジットカード会社が立て替えるショッピングクレジット(個品斡旋)またはクレジットカード(総合斡旋)での分割払いが一般的です。個人:住宅、自動車、子息の進学など数百万円以上の高額商品の購入(住宅ローン、カーローン、進学ローンなど)。そして、これらで事業用の融資を受けようと思えば最低3つの条件が必要になってきます。



中小企業者が銀行などの金融機関から融資を受ける際に、その債務の連帯保証人となってくれます。万が一、債務者が支払いをしなかった場合は、信用保証協会が金融機関へ代位弁済をします。中小企業者などが商工会議所(商工会を含む)経由で、あるいは直接取扱金融機関の窓口で申込をします。その後は、債務者は信用保証協会に返済することになります。

スポンサーサイト

theme : 融資、カードローン、クレジットカードのことならお任せを!!
genre : 株式・投資・マネー

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。