スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産融資について

現在借入れ中のいろんなローンをまとめて一本化できれば、返済日も一つで返済額も一定です。いくつもローンがありますと、返済額や返済日が違って支払が面倒になります。極度額の500万円は余程属性が良くなければ難しいと言われていますし、金融事故を経験している場合は、当然、相応の対処を取られることになります。ただし、つなぎ融資の代理受領はできません。財住金フラット35との併用の方も利用できます。金利の高いローンをまとめて、金利の低いローンに一本化したいのが本音のところです。



○住宅ローン保証保険に加入でき団信(団体信用生命保険)に加入できる者となっています。なお、年金融資は申し込み先によって勤務先や各地の年金住宅協会などを窓口とする転貸融資と、公庫に申し込む公庫併せ貸しの2つのタイプがあります。一般的に団信(団体信用生命保険)に加入できることを条件にしています。協会転貸融資は、各都道府県の年金住宅協会などが年金資金運用基金から資金を借入れ、事業主転貸融資制度のない企業の従業員に貸付ける制度です。



○勤務先から住宅手当、利子補給、あるいは社内融資などの援助(負担軽減措置)が受けられる方。また、融資対象の範囲が広くなっていて、融資手数料は不要になっています。○申込日現在、70歳未満の方、リフォーム融資は79歳未満の方。ただし、親子リレー返済を利用される方は、70歳(リフォーム融資は79歳)以上でも申込むことができます。財形住宅融資には、さまざまなメリットがあります。



中小企業者が銀行などの金融機関から融資を受ける際に、その債務の連帯保証人となってくれます。万が一、債務者が支払いをしなかった場合は、信用保証協会が金融機関へ代位弁済をします。中小企業者などが商工会議所(商工会を含む)経由で、あるいは直接取扱金融機関の窓口で申込をします。その後は、債務者は信用保証協会に返済することになります。


スポンサーサイト

theme : お金の勉強
genre : 株式・投資・マネー

comment

管理者にだけメッセージを送る

ハマってます

これにハマちゃって…→http://lppulu.net/onaona/o/1wjsq/
まいったなぁ…(;><)
彼氏にバレたらヤバいよね…(・ ・;))。
最近の記事
カテゴリー
応援します
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。